テクノロジーの情報収集におすすめのツールまとめ【エンジニア向け】

テクノロジーの情報収集におすすめのツールまとめ【エンジニア向け】テクノロジー

こんにちは、新卒でエンジニアとして就職するヒデ(@hideto1939)です。

テクノロジーってどうやって情報収集すればいいの?

エンジニアにおすすめの情報収集ツールって何?

 

大学生やエンジニアになりたての方々の中には、こういった疑問を持っている人も多いと思います。

そこで今回は、テクノロジーの情報収集ツールをご紹介します。

 

僕がいつも使っているツールを、具体的なコンテンツ名も交えてお伝えするので、少しでも参考にして頂ければ幸いです。

 

 

では、始めます!

※この記事は完成系ではありません。新たな情報収集ツールが見つかったらその都度アップデートしていきます。

 

スポンサーリンク

テクノロジーの情報収集におすすめのツール【エンジニア向け】

【エンジニア向け】テクノロジーの情報収集におすすめのツール

 

では早速、おすすめの「テクノロジーの情報収集ツール」をお伝えしていきます。

僕がふだん利用しているのは、以下の7つです。

  • Webサイト・スマホアプリ
  • YouTube
  • ツイッター
  • オンラインサロン
  • Slack 
  • メルマガ

 

ヒデ
ヒデ

それぞれ解説します!

 

Webサイト・スマホアプリ

定番の情報収集ツール。「Webサイト・スマホアプリ」です。

無限にありますが、今回はおすすめのものを厳選して紹介します。

 

ヒデ
ヒデ

以下、一覧です!

 

TechCrunch

定番中の定番。「テクノロジー」に関する主要なニュースは網羅されていると言っていいでしょう。

 

英語版日本語版があります。英語版の方が情報量が多いので、英語が読める人は英語版を使いましょう。

 

ヒデ
ヒデ

スマホアプリもあります!

TechCrunch

TechCrunch

無料posted withアプリーチ

 

おまけ情報

Daily Crunchにメアドを登録しておけば、毎朝、メールで前日のテックニュースのハイライトが届きます。

朝一にサクッと世の中の流れを把握することができるので、おすすめです!

 

以下、登録の流れを図解します。

 

まず、TechCrunchのサイトに行って、トップページにある、「Newsletters」をクリックします。

 

そして、以下のように、自分が登録しておきたいメールにチェックを入れ、最後にメアドを入力します。

以上で登録は完了です。

 

ヒデ
ヒデ

簡単ですね。。

 

はてなブックマークのテクノロジー

はてなブックマークのテクノロジーカテゴリーもおすすめです。

 

このサービスのいいところは、「多くの人にブックマークされたコンテンツ」が上位に表示されるため、「世の中の関心」が可視化できる点です。

 

世の中のトレンドをつかむという意味でもおすすめのサービスです。

>>はてなブックマークのテクノロジー

はてなブックマーク

はてなブックマーク

無料posted withアプリーチ

 

Qiita

テクノロジーの中でもエンジニア向けの記事が多いのが特徴です。

いわゆる「エンジニアのブログ」みたいな感じで、技術系の記事以外にも、日々、数多くの記事が投稿されています。

 

純粋に読みものとしても楽しめると思うので、気になった記事を積極的に読んでみましょう。

>>Qiita

ITmedia

正統派のITニュースサイトです。IT関連のニュースをざっくりと知ることができます。

>>ITmedia

Engadget

名前の通り、ガジェット系の記事が多いです。

ITの最新情報やガジェットの最新情報を仕入れたい人は、チェックしておきましょう。

>>Engadget

freeCodeCamp

海外のサイトです。英語で書かれています。

 

「ニュース」というよりは、「エンジニア向け」の記事(ブログ)が数多く掲載されているのが特徴です。

非常に勉強なる記事が多いので、エンジニアや、エンジニア志望の人はチェックしておきましょう。

 

ヒデ
ヒデ

最近も、面白い記事がたくさんありました。。(*´-`)

The 2019 Web Developer Roadmap - A Visual Guide to Becoming a Front End, Back End, or DevOps Developer
There are many ways you can go about picking up the skills you need to become a developer. There are linear curriculums that teach you a bit of everything - li...
11 do’s and don’ts for your first programming job
Advice I wish I knew when I first started out and tips for ditching that "junior" title.
How To Overcome Digital Addiction and Have More Willpower
Author’s Long-Winded Pontification: I’m a dreamer. I’ve spent my life dreaming of someday having a very comfortable life. Of being able to do the things that on...

 

>>freeCodeCamp

DEV

こちらも「エンジニア向け」そして、「海外」のサイトです。

英語で書かれています。

 

「人気順」に記事が並んでいるので、興味がある記事を読みましょう。かなり勉強になると思います。

>>DEV

Publickey

日本語のサイトです。主要なIT・テクノロジーニュースについてまとめてくれています。

気になる記事を読んでおきましょう。

>>Publickey

SmartNews

スマホアプリです。

僕はいつもこのアプリの「テクノロジーカテゴリ」をチェックしています。

 

サクッと最新の情報を仕入れることができるので、おすすめです。

スマートニュース

スマートニュース

無料posted withアプリーチ

 

僕は基本「TechCrunch」「はてなブックマークのテクノロジー」「Qiita」

僕が毎日チェックしているのは「TechCrunch」「はてなブックマークのテクノロジー」「Qiita」です。

 

他のは「必要に応じて見る」といった感じですね。

あまり多くの記事を見ても消化不良になるだけなので、「これ」と決めた媒体を読み込むのもありかなとは思います。

 

ヒデ
ヒデ

自分に合ったコンテンツを使いましょう!

 

Newsifyを使えば、Webサイトをまとめてチェックできる

おまけ情報です。

スマホのNewsifyというアプリを使えば、気になるWebサイトをまとめてチェックできます。

Newsify: RSS Reader

Newsify: RSS Reader

無料posted withアプリーチ

 

自分が頻繁にチェックしたいサイトはこちらに登録しておくと良いでしょう。

 

プログラミングの「トレンド」を確認するのにおすすめのツール

ニュースとは別に、「プログラミングのトレンド」を把握するためのツールとして僕が使っているものを、以下の記事の各種トレンド把握サービスのところでまとめています。

 

参考にして頂けると嬉しいです。

プログラミング勉強法の結論。私の方法。【6つの手順】
ぼく自身の「プログラミング勉強法の結論」をまとめてみました。参考にしていただけると嬉しいです。

 

ヒデ
ヒデ

ツールとしては、以下を使っています!

 

情報の「質」「網羅性」を考えたときに、「本」は外せません。

僕もテクノロジーの情報を仕入れるために、積極的に本を読むようにしています。

 

最近読んだ中でおすすめのテクノロジー本を挙げておきます。

基本的には「テクノロジーの全体像をつかむための本」です。

 

初心者向けですね。

 

ヒデ
ヒデ

どれもおすすめです!

ヒデ
ヒデ

最後のはマンガなので、特に読みやすいと思います!

 

YouTube

最近は、YouTubeにも「テクノロジー」について分かりやすく解説してくれているチャンネルが増えてきました。

僕がよく見ているものを紹介します。

 

ヒデ
ヒデ

僕がいま把握しているのはこの辺りですかね。。

 

あとは、YouTubeの検索窓で「Technology Trends」とかで検索するといくらでも出てくると思います!

 

ヒデ
ヒデ

英語でも検索するのがポイントです!

 

ツイッター

ツイッターも情報収集の手段としてはおすすめです。

僕は日本語アカウント英語アカウントを運営していて、それぞれ「日本語の情報収集」と「英語の情報収集」とで分けています。

 

テクノロジーの情報収集のためにフォローしているアカウントについては、僕のアカウントから直接見ていただいてもいいのですが、今回は主要なアカウントを簡単に紹介します。

 

【日本語アカウント】

 

【英語アカウント】

英語アカウントは、ひたすらテクノロジー企業やプログラミング系のアカウントをフォローするようにしています。特によく見ているのは、以下のアカウント達です。

 

ヒデ
ヒデ

自分が仕入れたい情報を取捨選択してフォローするようにしましょう!

 

オンラインサロン

情報収集の手段として、「オンラインサロン」もおすすめです。

具体的には、僕は雑食系エンジニアサロンというサロンに入っています。

 

「テクノロジー」というよりは、「エンジニア向けの情報」という感じですが、有益な情報が満載なので、「これからエンジニアを目指す方」にとってはとても勉強になると思います。

 

値段も、月額980円と良心的な値段なので、大学生でも安心です。

 

Slack

最後に、Slackです。

こちらのQiitaの記事にあるモヒカンSlackというのがかなり情報収集に便利です。

 

無料で使えるので、気になるスレッドに登録してみてはいかがでしょうか?

 

メルマガ

テクノロジー関連のメルマガで、私が特におすすめしたいのが、以下の中島聡さんのメルマガです。

週刊 Life is beautiful - まぐまぐ!
「エンジニアのための経営学講座」を中心としたゼミ形式のメルマガ。世界に通用するエンジニアになるためには、今、何を勉強すべきか、どんな時間の過ごし方をすべきか。毎週火曜日発行。連載:菅首相に会って来た/米国で起業する時に知っておかねばならないこと。

 

中島さんの経歴は以下の通り。

ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。 NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。

参考:週刊 Life is beautiful

 

ヒデ
ヒデ

過去にはマイクロソフトでWindows95の開発にも深い部分で関わられていた、超凄腕のプログラマーです。

 

ヒデ
ヒデ

ビルゲイツとも近い位置で仕事をしていたらしい。。

 

 

そんな中島さんのメルマガについて、登録ページでは以下のように紹介されています。

「エンジニアのための経営学講座」を中心としたゼミ形式のメルマガ。世界に通用するエンジニアになるためには、今、何を勉強すべきか、どんな時間の過ごし方をすべきか。

 

このメルマガの特徴は、何と言っても、最新テクノロジーが、中島さんの深い考察と共に学べること。

 

海外経験豊富な中島さんの文章には、とても深い独自の考察が織り交ぜられており、非常に勉強になります。

最新のテクノロジーを学びたい人、一流プログラマーの思考を学びたい人は絶対に購読すべき。

 

ヒデ
ヒデ

あの情報量で月額880円は安すぎます。。

 

大量かつ良質な情報を仕入れる上で大切なこと【3つある】

大量かつ良質な情報を仕入れる上で大切なこと【3つある】

 

情報収集において、僕が意識していることは以下の3つです。

  • 英語はできた方がいい
  • Webページを一気に開く
  • 日常でキーワードを意識する

 

ヒデ
ヒデ

それぞれ解説します!

 

英語はできた方がいい

テクノロジーに限らず、どんな分野においてもそうですが、「情報を仕入れる」という観点で考えたとき、「英語」はできた方がいいです。

 

なぜなら、得られる情報の「幅」が圧倒的に広くなるからです。

 

例えば、プログラミングをしていて、エラーの原因を調べる際も、日本語だけで検索するのと、英語も交えて検索するのとでは、エラー解決の確率は全く変わってきます。

 

 

まずは、「英語で調べる」癖をつけましょう。何かを調べるときに、反射的に日本語で調べるのではなく、英語で検索してみるのです。

慣れることから始めましょう。

 

ヒデ
ヒデ

英語のリーディングについては、別記事にまとめてあるので、読んでいただけると嬉しいです。

【厳選】英語リーディングの勉強におすすめの教材5選【初心者向け】
おすすめの英語リーディング教材を紹介しています。「ちょうどいい」レベルの教材を選んだので、参考にしていただければ幸いです。

 

Webページを一気に開く

僕は、何か分からないことがあって調べ物をするとき、検索結果の1ページ目を全部一気に開いて見るようにしています。

ヒデ
ヒデ

「command+ページをクリック」です。

 

一つの記事だけでなく、多くの記事に目を通すことで、「全て記事の共通項=重要な部分」を知ることができるからです。効率よく知識を身につけることができます。

 

 

この方法は「読書」にも応用できます。

何か学びたい分野があったら、とりあえず、その分野の本を大量に買って、一気に読むのです。

 

同時並行で読むことで、「共通項」が分かってくるので、効率よくエッセンスを吸収することができます。

ぜひ試してみてください!

 

日常でキーワードを意識する

人は「意識していないこと」は見えません。

 

例えば、あなたは先ほどすれ違った人の顔を覚えていますか?

おそらく覚えていないと思います。

 

なぜなら、全く「意識」していないからです。

 

 

しかし、「今からすれ違う人の顔を覚えておいて」と言われたら、覚えられると思います。

「意識」しているからです。

 

このように「意識」することで、「学びの効率・確率」を上げることができます。

 

例えば、テクノロジーについて学びたいなら、日常で「テクノロジー」を意識してみる。

それだけでも、「コンビニで自動レジが導入されてる。機械が人の仕事を奪っているなあ。。」などと考えることができます。

 

要は「なんとなく」生きるのではなく。アンテナを張って生きようということです。

圧倒的に多くの学びを得られるようになります。

 

インプットだけでなく、「アウトプット」もしよう!

現代人は、「インプット」に偏りがちです。

 

インプットはもちろん大事。

しかし、アウトプットもそれと同じか、それ以上に大事です。

 

なぜなら、人の理解や記憶は「アウトプット」をすることによって強化されるからです。

関連記事:【勉強法】 記憶を定着させるための二つの要素を紹介します!!

 

アウトプットをすることで、「曖昧な理解」を無くすことができます。

「学び」を得たら積極的にアウトプットするようにしましょう。

 

プラットフォームはなんでもOKです。

ブログでも、ツイッターでも、YouTubeでも、自分に合ったものを使いましょう。

 

おわりに:なぜ情報を集めるのか?

おわりに:なぜ情報を集めるのか?

 

あなたは、なぜ情報を集めるのですか?

まずはこれを明確にしましょう。

 

なぜなら、情報は集めるだけでは意味がないからです。

 

例えば、「本」もそうです。

いくら本を読んでも、「行動」が一ミリも変わっていなければ、意味がありません。

むしろ読んだ時間が無駄になってしまいます。

 

ですから、まずは「情報を集める目的」を明確にしましょう。

そうすれば、情報を集める効率は高まりますし、理想の方向に自分を導いていくことができます。

 

「目的意識」を持って情報収集していきましょう。

 

この記事が、あなたの「情報収集」に少しでも役立っていたら嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

では!m(_ _)m

 

こちらの記事もおすすめです!!

プログラミング勉強法の結論。私の方法。【6つの手順】
ぼく自身の「プログラミング勉強法の結論」をまとめてみました。参考にしていただけると嬉しいです。
Skill Hacksをプログラミング初心者におすすめしたい5つの理由
僕おすすめのプログラミング教材である、「Skill Hacks」についてまとめました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。
【保存版】大学生におすすめの自己投資7選!【後悔のない大学生活】
大学生におすすめの「自己投資」をまとめました。大学生活は一度きりです。後悔のないように有意義に過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました