【断言】大学生がお金を貯める必要はありません。理由をお話しします。

お金/投資

こんにちは、ヒデ(@hideto1939)です。

先日、以下のツイートをしました。


僕は今大学生ですが、貯金はしていません。全て使っています。

 

今回は、このツイートを深掘りしつつ、「僕が貯金をしていない理由」をお話しします。

つまり、「大学生が貯金をする必要がない理由」ですね。

 

3分くらいでサクッと読めるので目を通していただけると嬉しいです。

 

 

 

では、始めます!

 

スポンサーリンク

大学生がお金を貯める必要はありません。理由をお話しします。

 

まず、「貯金」についてお話しします。

 

二種類の貯金

大学生の貯金には「二種類」あります。

  • 目的意識のある貯金
  • 無目的な貯金【なんとなく】

 

一つ目は「目的意識」のある貯金です。

例えば、留学費用を貯めるためとか、教材を買うためとかですね。

この貯金には意味があります。ちゃんと明確な「使い道」が決まっていますから。

 

問題なのは後者の「無目的な貯金」です。

つまり、「なんとなく将来が不安だから」とか「お金が貯まるのが気持ちいいから」といった理由による貯金ですね。

 

 

今回は後者の貯金をしている人に向けて記事を書きます。

後者の貯金は、ハッキリ言ってやめた方が良いです。なぜなら純粋に「もったいない」からです。

 

 

以下で「もったいない」理由を解説していきます。

 

大学生の貯金が「もったいない」理由

大学生の貯金がもったいない理由は以下の二つです。

  • 大学生と社会人の「お金」と「時間」の価値は違う
  • 若い内はスキルと経験に投資した方が良い【お金は後からでも回収できる】

 

ヒデ
ヒデ

それぞれ解説します!

 

大学生と社会人の「お金」と「時間」の価値は違う

大学生と社会人では、「お金」と「時間」の価値が変わってきます。

以下の図をご覧下さい。

社会人になるとお金の価値が下がり、時間の価値が上がっていくのです。

当たり前ですね。大学生よりも月々の収入は増えますが、その分自由に使える時間は減りますから。

 

そう考えたときに、貴重な「大学生」という時間を無駄にするのは、非常にもったいないことだなと思うわけです。

 

大学生の「なけなしのお金」を貯金するくらいなら、大学生という「貴重な時間」を有意義に過ごすためにお金を使った方が良いというのが僕の意見です。

 

若い内はスキルと経験に投資した方が良い【お金は後からでも回収できる】

大学生に限らず、若い内はどんどん「スキル」と「経験」にお金を投資した方がコスパがいいと思います。

 

なぜなら、時間は二度と回収できませんが、「お金」は後からいくらでも回収できるからです。

 

例えば僕は去年、数万円するプログラミング教材を買いました。

Skill Hacksをプログラミング初心者におすすめしたい5つの理由
僕おすすめのプログラミング教材である、「Skill Hacks」についてまとめました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。

 

プログラミングスキルを身につけてエンジニアになれば、数万円なんかサクッと回収できます。

にも関わらず、目の前の数万円をケチったことによりプログラミング学習に挫折するのはもったいないと思ったからです。

 

実際ぼくはプログラミング学習を挫折することなく続けられ、新卒でWeb系企業のエンジニアになることが決まりました。

関連記事:【20卒】ワイの就活体験記【失敗談も交えて振り返る】

 

 

今でもあのときの判断は間違っていなかったと思っています。

 

「貯金」よりも「スキル」や「経験」に投資した方が、結局は後からより多くのお金を回収できます。

目先の利益にとらわれるのではなく、「未来」を見据えてお金を使いましょう。

 

「長期的視点」を持つことの大切さ

 

世の中には二種類の人間がいます。

「短期的視点」を持った人と、「長期的視点」を持った人です。

 

短期的視点を持った人とはつまり、もらったお金をすぐに浪費してしまう人です。

パチンコ、競馬等、「目の前の利益」を追いかける人を指します。

 

一方、長期的視点を持った人とは、「未来のために地道な努力を続けられる人」です。

企業経営者、ブロガー、筋トレする人などが挙げられます。

 

どちらが正解とかはありません。自分の人生ですから、どう生きるかは自分で決めたらOKです。

 

しかし、「どちらが最終的に大きな利益を得られるか」で考えたら、間違いなく後者です。

前者のタイプで歴史に名を残した人はいません。

みんな後者の考え方を持っていた人たちです。

 

「目先の利益にとらわれるか、未来の利益を取るか」決めるのはあなた次第です。

 

ヒデ
ヒデ

ちなみに僕は後者の生き方を選びます。。

 

どこにお金を使うの?→「自己投資です」

 

「大学生に貯金は必要ない」ということを主張してきました。では、「どこ」にお金を投入すればいいのでしょうか?

 

答えは、「自己投資」です。

以下で、「自己投資とは何か」「具体的な自己投資の例」について解説していきます。

 

自己投資とは何か?→払ったお金以上のものが自分に返ってくるもの

自己投資とは簡単に言うと払ったお金以上のものが自分に返ってくるものです。。。

と言っても分かりにくいと思うので、具体的に言うと、僕は「スキルと経験」だと思っています。

 

この二つに対してお金を使う場合は、「自己投資」と捉えてもらってOKです。

関連記事:あなたは『投資』と『浪費』を意識してお金を使っていますか?

 

【具体例】大学生におすすめの自己投資を紹介

具体的な「自己投資」をいくつか挙げてみます。全て僕が実際に行った自己投資です。

 

ヒデ
ヒデ

参考にして下さい!

  • 英語
  • プログラミング
  • ブログ
  • 読書(勉強)

 

英語

英語は間違いなく大学生のうちに勉強しておいた方が良いです。

なぜなら、単純に大学生には「時間」があるからです。

 

この膨大な時間を英語に使わないのはもったいなすぎます。

 

具体的なお金の投資先としては、「留学」「TOEIC学習」「オンライン英会話」あたりが挙げられるでしょう。

僕は留学はしていませんが、TOEICとオンライン英会話には取り組んだ経験があるので、参考にしていただけると嬉しいです。

【これでバッチリ】TOEIC対策におすすめの教材を紹介!【全て実際に使いました】
TOEIC対策におすすめの教材をリスニング、リーディングの「パート別」に紹介しています。参考にしていただけると嬉しいです。
オンライン英会話って初心者でも大丈夫なの?【レアジョブを200回受講した僕が語る】
オンライン英会話を200回以上受講した経験をもとに、「オンライン英会話って初心者でも大丈夫なの?」ということについて解説しています。

 

プログラミング

今の時代、「プログラミング」を学ぶには最高の時代です。

  • 教材が豊富な為、挫折しにくい
  • 今後エンジニアの需要は高まる

 

教材が豊富な為、挫折しにくい

最近は、本だけではなく、プログラミング学習用のWebサービスも充実しています。その為、昔に比べてプログラミング学習の「挫折率」は圧倒的に下がっています。

 

エンジニアの需要は高まる

これから、「エンジニア」は数十万人単位で不足すると言われています。

不足すると言うことは「需要」が高まると言うことです。

 

「プログラミングができる」と言うだけで、かなり生きやすくなると思いますし、自分の市場価値も上がるでしょう。

関連記事:ぼくがプログラミングを始める3つの理由

 

ブログ

「ブログ」に時間とお金を投資するのもおすすめです。

詳しくは以下の記事に詳しく書いたので、読んでいただけると嬉しいです。

僕がブログを始めたことで得られた6つのメリット【お金を稼ぐだけが目的じゃない】
ブログを始めたことで得られたメリットについてまとめました!これからブログを始める人の参考になれば幸いです。
大学生が今すぐブログを始めるべき7つの理由【やらない理由がない】
大学生が今すぐブログを始めるべき7つの理由についてまとめてみました。これからブログを始めるか悩んでいる人は参考にしていただければなと。

 

読書(勉強)

読書もおすすめです。

英語と同じで、大学生には大量に時間があるからです。

 

興味のある本を片っ端から読みましょう。

大学時代に培った知識と価値観は間違いなく今後の人生に良い影響を与えてくれます。

 

とはいえ、「本が苦手…」という方も多いと思います。

そういう人は、無理に「本」にこだわる必要はありません。

 

今はYouTubeにも勉強になる動画がたくさんありますし、セミナーとかで人に教えてもらうこともできます。

 

「学ぶ手段」は多様です。

自分に合った方法を見つけましょう。

関連記事:忙しい理系大学生が年間100冊以上本を読む方法【読書論】

 

「旅」への投資もおすすめです。

お金に余裕がある人は海外に行った方が良いです。

 

良い意味で価値観が変わるからです。

海外での経験は自分の将来を考える上でも大きなヒントになると思います。

 

僕自身もスペインと韓国に行きましたが、間違いなく「視野」は広がりました。

より広い視野を持って、いい意味で、「楽観的に」物事を考えることができるようになったと感じています。

関連記事:【海外旅行】スペインでスリにあった話【体験談】

関連記事:韓国の市場で感じた「マーケティング論」【体験からの学び】

 

バイトも必要最低限で十分です【コスパが悪い】

 

「貯金」と同様に僕が基本的に不要だと思っているもの。

それは「バイト」です。

 

もちろん、「貯金」と同様、「目的意識」のあるバイトはまあOKです。

「留学費用を稼ぐ」とか、「仕送りが無いから生活費を稼ぐ」とかですね。

 

しかし、それらが必要ないにも関わらず、盲目的にバイトをするのはおすすめしません。

 

 

つまり、「時間があるからバイトしよ!(*´-`)」みたいな感じですね。

 

なぜなら、バイトはコスパが非常に悪いからです。

 

バイトは基本的に「誰でもできる」ものがほとんどです。高度なスキルが身につくわけでも無ければ、給料も安いです。

 

「大学生」という貴重な時間と「アルバイト」という低賃金かつ単純作業を秤にかけたときに、僕は間違いなく「時間」の方が価値が高いと考えています。

 

「みんながやっているから」と盲目的になるのではなく、「本当に自分のためになっているか」「自分は貴重な時間を無駄にしていないか」を考えるようにしましょう。

 

こんなバイトならOK【インターン推奨】

逆に、こんなバイトならOKだと思います。

スキルが伸び、多様な経験が積めるバイト

 

このようなバイトなら、賃金が安くとも「スキル」が身につくので、「価値」は高いといえます。

 

具体的に言うと、「企業でのインターン」とかはおすすめです。

エンジニア志望の学生なら、企業で実際にエンジニアとして働いてみるとかですね。

 

ヒデ
ヒデ

僕が今大学一年生なら、即企業でエンジニアとして働きます。。

関連記事:【体験談】短期(1日)のエンジニアインターンに参加してきたよ!

 

とにかく大学生活を有意義に過ごしてほしい【後悔しないように】

 

今回は、「貯金はするな」「バイトも最小限に」といったメッセージをお伝えしてきました。

 

どちらのメッセージも根底には、僕自身からあなたへの「後悔のない大学生活を送ってもらいたい」というメッセージがあります。

 

「大学生」という時間は本当に貴重です。

学割が使えるのはもちろんのこと、「大学生」と言うブランドを使えば、インターンなど、無条件で社会の先輩から教えを受けることもできます。

 

そんな貴重な時間を無駄にして欲しくはありません。

 

盲目的にぼんやりとした「不安」から貯金をしていてもマジで意味がないです。

いかに、適切にお金を使って大学生という貴重な時間を有意義にするかを日々考えましょう。

 

その思考の積み重ねが、あなた自身の「成長」そして「後悔のない大学生活」につながります。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

この記事が少しでもあなたの意識を変えるきっかけとなっていたら嬉しいです。

 

 

では!m(_ _)m

 

こちらの記事もおすすめです!!

【体験談】ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」に参加してきたよ!【無料】
ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」に参加してきました。無料の割にとても勉強になる内容だったので、おすすめです!
【必読】大学生が読むべき「お金」の本を目的別に4冊厳選!【初心者向け】
大学生が「お金」について勉強するときに最初に読みたい本を、目的別に4冊紹介しています。参考にしていただければ嬉しいです。
お金が無い大学生は自己アフィリエイトでサクッと稼ごう!【楽に稼げる】
サクッとお金を稼ぎたい大学生にオススメの「自己アフィリエイト」について、その仕組みと、実際の稼ぎ方を解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました