「逃げる」ことはポジティブなこと【居場所は一つじゃない】

ヒデの主張

こんにちは、ヒデ(@hideto1939)です。

ぼくは日本の、逃げる=悪いこととなっている空気感に違和感を感じています。

なぜなら、僕自身は「逃げる=ポジティブなこと」だと思っているからです。

 

この記事では僕の「逃げること」に対する意見を書きます。

 

みなさんが少しでも「逃げること」を肯定的にとらえられるようになっていただけたら嬉しいです。

 

 

では始めます!

 

スポンサーリンク

みんな、「逃げる=悪いこと」だと思っている

 

前提として、今の日本では多くの人が逃げる=悪いことだと思っています。

 

それは、日常の様々な場面から分かります。

たとえば、高校を退学する人は「ドロップアウト」と言われ好奇の目で見られます。

会社でもすぐに辞めることは許されず、「石の上にも三年」という言葉があるように、とにかく一人前になるまで、「我慢」が求められます。

 

海外でももちろんこのような状況はあるのでしょうが、ぼくの感覚では、日本の「逃げを許さない姿勢」や、「同調圧力(周りに合わすように求められること)」は本当に異常だなと感じています。

 

逃げることはポジティブなこと【居場所は一つじゃない】

 

以下、ぼくのツイートです。

 

そもそも、逃げることはネガティブなことなのでしょうか?

ぼくはそうは思いません。

 

逃げることは、「自分にとってより生きやすい場所」を求めるポジティブな行為だと思います。

 

一度きりの人生、自分がやりたくないことを嫌いな場所でやることほど辛いことはないです。

 

もちろん、何かを成し遂げるためにはある程度「我慢」することも大事だというのも分かりますが、よほど辛くて苦しい状況なら、我慢するよりも逃げることの方が大事なのではないでしょうか?

 

逃げても人に迷惑なんてかからない。 自分らしい生き方を。

 

またぼくのツイートです。

 

ハッキリ言います。

苦しいと感じたら逃げて下さい。

 

それもなるべく早く、判断力を失う前に。

(なるべく早く逃げるべき理由はこちらの本にあります。ぜひ。)

 

「しんどくなったら逃げてもいい」とぼくが言う理由は上記のツイートにもあるように、逃げても他人に迷惑はかからないからです。

 

今の職場をしんどくても辞められない人は、今自分が辞めたら職場に迷惑がかかるから。。という理由で辞められないのかもしれません。

 

でも、世の中にあなたでなくてはならない仕事は存在しません。

総理大臣でも大統領でも、代わりはいくらでもいるのですから。

たとえあなたが会社を辞めたとしても、同僚がフォローしたり新しい人が入ってきたりして、普通に会社は回ります。

 

ですから、しんどいと感じたら普通に逃げて大丈夫です。

自分で自分を追い込むことだけはやめて下さい。

 

人生の選択肢は無数にあります。

その中から、自分に合う世界をゆっくり見つけていけばいいのです。

 

ぼくはこんな感じの緩い考えでいます。

 

世界は広いのですから、一つの狭いコミュニティーになじめなかったところで落ち込む必要は全くありません。

必ずあなたのことを受け入れてくれる場所はあります。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

みなさんの、「逃げる」ことへの考え方を少しでも変えられていたら幸いです。

 

 

では。m(_ _)m

 

こちらの記事もおすすめです!!

お金が無い大学生は自己アフィリエイトでサクッと稼ごう!【楽に稼げる】
サクッとお金を稼ぎたい大学生にオススメの「自己アフィリエイト」について、その仕組みと、実際の稼ぎ方を解説しています。
【必読】大学生が読むべき「お金」の本を目的別に4冊厳選!【初心者向け】
大学生が「お金」について勉強するときに最初に読みたい本を、目的別に4冊紹介しています。参考にしていただければ嬉しいです。
オンライン英会話って初心者でも大丈夫なの?【レアジョブを200回受講した僕が語る】
オンライン英会話を200回以上受講した経験をもとに、「オンライン英会話って初心者でも大丈夫なの?」ということについて解説しています。

コメント

  1. […] 関連記事:『逃げる』ことはポジティブなこと […]

タイトルとURLをコピーしました