おすすめの本紹介シリーズ②

おすすめの本紹介シリーズ

こんにちは、ヒデ(@hideto1939)です。

おすすめの本を紹介するシリーズ第二弾です!

 

さっそく、ぼくが今まで読んだ中でおすすめの本を紹介していきます!

今回紹介するのは、以下の4冊。

  • 奇跡のリンゴ ー「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録
  • 人生の勝算
  • オール1の落ちこぼれ、教師になる
  • 僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

 

ヒデ
ヒデ

それぞれ解説します!

 

スポンサーリンク

奇跡のリンゴ ー「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録

リンゴ栽培には農薬が不可欠そんな農家なら誰もが疑っていなかった「常識」に立ち向かい、長い年月をかけて、遂に「常識」を打ち破って無農薬でのリンゴの栽培に成功した男の物語。

 

ぼくに、「常識を疑うことの大切さ」、「粘り強く戦い、継続することの大切さ」を教えてくれた一冊。

おすすめ!

 

関連記事:プログラミングなんて、自分には出来ないと思っていた【常識と思い込みの怖さ】

 

人生の勝算

新進気鋭のIT企業SHOWROOMの社長である前田裕二氏が、自分のこれまでの人生と絡めつつ、人生やビジネスの本質について語っている本。

 

ぼくがこの本から感じたことは、

こんなに努力している人がいるんだ。。

ということ。

野心と冒険心、チャレンジ精神を持って、努力と挑戦をし続ける姿に衝撃を受けたことを覚えている。

 

自分も頑張らないと!という、いい意味での焦りが生まれる本。

 

オール1の落ちこぼれ、教師になる

中学時代、ずっとオール1の落ちこぼれだった作者が、中卒で働きながらも、定時制の高校に通い、猛勉強の末に難関の国立大学に合格し、教師になる物語。

何かを始めるのに遅いなんてことはないということに気付かされる本。

 

諦めない姿勢に感動すること間違いなし。

背中を押されたい人必読!

 

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

科学、将棋、映画…など各界の、今をときめく著名人が、自分たちが「何者でもなかった」頃の話をしてくれている本。

 

こんな凄い人たちにも何者でもない時代があったそんな、よく考えれば当たり前だけど、意識できていなかったことをリアルに感じさせてくれる本。

まだ何者でもない若者に読んでほしい1冊です。

 

続編もあるので興味のある方はぜひ!

おわりに:読書を楽しもう!

今回は主に、「勇気や希望が湧いてくる」「チャレンジしようと思わせてくれる」といった、モチベーションを高めてくれる本を中心に選んでみました。

人生のモチベーションを高めて、新たなことにチャレンジしていきたい人必読です!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに!

 

では!m(_ _)m

 

こちらの記事もおすすめです!!

【書評】全ての人に「エッセンシャル思考」をおすすめしたい3つの理由
僕一押しの一冊である、「エッセンシャル思考」を紹介します。マジでおすすめです!
【書評】世界を正しく理解したい人にはファクトフルネスがおすすめ!
「ファクトフルネス」について、本の内容や本から学べることを解説しつつ、ファクトフルネスの実践方法についても解説しています。
忙しい理系大学生が年間100冊以上本を読む方法【読書論】
理系大学生で年間100冊以上の読書をしている僕の視点から、より多くの本を読むための方法論を解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました