【必読】大学生が読むべき「お金」の本を目的別に4冊厳選!【初心者向け】

お金/投資

こんにちは、大学生ブロガーのヒデ(@hideto1939)です。

大学生が読んでおくべき「お金」の本を厳選して教えてほしい。何を読んでいいか分からない。。

 

 

今回は、こういった疑問に答えていきます。

 

「お金」それは人間が社会生活を営む上で最も重要な道具であるといっても過言ではありません。お金は、私たちの人生を決定的に変えるだけの力を持っています。

 

ところが、学校ではそんな大事な「お金」について一切教えてくれません。本当に「全く」教えてくれないのです。

 

ではどうすればいいのでしょうか?答えは簡単です。自分で勉強すればいいのです。

 

 

そこで今回は僕が今まで読んできた「お金」についての本の中からおすすめのものを、目的別に4冊厳選して紹介します。

この4冊を読めば、お金の基礎については大丈夫といえる4冊を選んだので、ぜひとも手に取っていただけたら嬉しいです。

 

 

では、始めます!

 

スポンサーリンク

【必読】大学生が読むべき「お金」の本を4冊紹介

 

今回紹介するのは以下の4冊です

  • 金持ち父さん貧乏父さん
  • 池上彰のお金の学校
  • 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
  • お金2.0

 

ヒデ
ヒデ

それぞれ解説していきます!

 

金持ち父さん貧乏父さん

 

具体的な金融商品の説明というよりは、お金についての「考え方」や、「マインド」の部分を学ぶことができる本です。

 

 

お金持ちになるためには「負債」を持つのではなくて自らの「資産」を持つことが大事だということが、豊富な図と具体例によって分かりやすく解説されています。

 

お金に苦労しない人生を歩みたいなら、一度は読んでおくべき名著です。

 

関連記事:おすすめの本紹介シリーズ④

 

池上彰のお金の学校

 

お金の成り立ちから株や不動産などの金融商品まで、「お金」についての重要な知識を網羅的に学べる本です。

具体的には、以下の項目について学べます。

  • お金の歴史
  • 銀行
  • 投資
  • 保険
  • 税金
  • ニュースの中のお金
  • 身近なお金

 

これさえ読みこんでおけば、お金の「基礎の基礎」の部分については、十分大丈夫なレベルになれる一冊です。

 

説明も池上さんの本なだけあって、非常に分かりやすいのでおすすめです。

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

この本の一番の特徴は、「どの金融商品に投資したらいいのか」を具体的に示してくれるところです。

 

一般的な投資についての本だと、「積立投資をしよう」とは書かれているけれど、具体的に「どんな商品」に投資したらいいのかまでは書かれていない場合がほとんどです。そのため読者が迷ってしまうことが多いと思います。

 

しかしこの本の場合は、具体的な商品名が提示してあり、写真を使って具体的に投資方法を解説してくれているので非常に分かりやすいです。

 

「投資」の具体的なイメージをつかみたい方はぜひ。

 

お金2.0

 

ここまでの3冊が、お金について、「既存」の考え方を提示しているものなら、お金2.0は、お金の「未来」についての考察を提示している本です。

 

この本を読むことで、ブロックチェーンなどの新たなテクノロジーの台頭によって、お金のあり方や、人間の購買行動がどう変わっていくのかについて学ぶことができます。

 

上記の3冊の本ももちろん必読ですが、この本は「自分たちの未来に直結している」という意味で、さらに重要度は高いと思います。

 

4冊の本の学習手順まとめ

今回は目的別に4冊、お金の本を選んでみました。

学習手順としては、以下の感じで良いのかなと思います。

  1. 「金持ち父さん貧乏父さん」で、お金に対する「マインド」を学ぶ
  2. 「池上彰のお金の学校」で、株や不動産、金利等、お金の「基礎」を学ぶ
  3. 「詳しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えて下さい!」で具体的な「投資」のイメージをつかむ
  4. 「お金2.0」でお金や経済の「未来」について学ぶ

 

この手順で学んでいったら、お金についての基礎的な部分はOKです。このあとは、自分で枝葉を広げてより深いところまで学んでいっていただけたらなと思います。

 

おまけ【無料の動画や講座】

本の紹介・解説は以上ですが、お金をかけずに勉強したい大学生向けに無料で学べる動画や講座を紹介しておきたいと思います。

以下の二つです。

 

YouTube動画

YouTubeでもお金について学ぶことができます。

個人的におすすめなのは「両」という方が運営しているチャンネルです。

 

 

マインドマップを用いて、かなり詳しくお金について解説してくださっているので、勉強になること間違いなしです!

 

両さんのツイッター→@freelife_blog

 

お金の教養講座

次に紹介したいのは、「ファイナンシャルアカデミー」が主催している『お金の教養講座』
というセミナーです。

 

無料でお金の基礎を学ぶことができます。

 

僕も実際に受けてみて、無料の割にかなり勉強になる内容だったのでおすすめです。

以下に体験談を貼っておくので、興味のある方はご覧ください。

【体験談】ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」に参加してきたよ!【無料】
ファイナンシャルアカデミーの「お金の教養講座」に参加してきました。無料の割にとても勉強になる内容だったので、おすすめです!

 

大学生のうちから金融リテラシーを身に付けておくことは重要

 

始めのところでも述べましたが、大学生のうちに「お金」について勉強しておくことは非常に重要です。

 

なぜなら、お金について全く勉強しないまま社会に出てしまったら間違いなく搾取されてしまうからです。

 

例えば「生命保険」ですが、あれは独り身であれば基本的には入る必要がないものです。それは少しでもお金について勉強している人なら誰でも分かります。

 

しかし勉強していなかったらそんなこと分かりませんよね。なんとなく「みんな入っているから」という理由で保険に入ってしまって、お金を吸い取られてしまうのです。

 

 

それらの危険性を排除して、お金と賢く向き合って人生を豊かにしていくためにも、社会に出るまでに「お金」について学んでおくことは重要なのです。

 

とはいえ、「金融商品への投資」はしなくていいと思う

「お金について勉強する」ことは必須ですが、「個別の金融商品」への投資は、あくまで個人の意見ですが、しなくていいと思います。

 

なぜなら「投資」とは基本的に「余剰資金」でするものだからです。大学生がなけなしのお金を払って投資したところで、たいして増えることは無いのであまり意味はないと思います。

 

 

ただ、実際に投資をしてみることで「投資の勉強」になるのは事実なので、お金を稼ぐのが目的でなく、「勉強」が目的ならありだとは思います。その辺は個人の判断にお任せします。

 

自分の頭に投資する

以下、ぼくのツイートです。

 

ぼく一押しの投資商品があります。それは、「自分」です。つまり、「自己投資」ですね。

結局、「自分で稼ぐ力」があったら、お金に困ることは無いんですよね。ちまちま投資をする必要もないわけです。

 

ですから順番としては勉強して自分で稼ぐ力をつける→余剰資金で投資するが一番だと思います。

 

大学生や20代は、とにかく「自己投資」にお金を回すことが一番です。その辺の優先順位は間違えないようにしたいところですね。

 

【保存版】大学生におすすめの自己投資7選!【後悔のない大学生活】
大学生におすすめの「自己投資」をまとめました。大学生活は一度きりです。後悔のないように有意義に過ごしましょう。

 

おわりに【勉強しよう!】

 

最後にもう一度、今回紹介した4冊の本を振り返っておきます。以下の4冊です。

  • 金持ち父さん貧乏父さん
  • 池上彰のお金の学校
  • 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
  • お金2.0

 

お金に対して正しい考え方や知識を持っているか否かで、人生は大きく変わります。時間がある大学生のうちにお金についてしっかりと勉強して、社会人になった時に苦労しないように「金融リテラシー」を高めておきましょう。

 

そして、どんどんお金を「自己投資」に回して「自分で稼ぐ」力をつけていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になっていたら幸いです。

 

 

では!m(_ _)m

 

こちらの記事もおすすめです!!

お金が無い大学生は自己アフィリエイトでサクッと稼ごう!【楽に稼げる】
サクッとお金を稼ぎたい大学生にオススメの「自己アフィリエイト」について、その仕組みと、実際の稼ぎ方を解説しています。
【保存版】大学生が無料で勉強する方法をまとめてみた!
お金の無い大学生が無料で英語、プログラミング、ライティング、マーケティング、お金について学ぶ方法をまとめてみました。
Skill Hacksをプログラミング初心者におすすめしたい5つの理由
僕おすすめのプログラミング教材である、「Skill Hacks」についてまとめました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました