脱初心者を目指す!Laravelの勉強法【最初の一歩】

プログラミング

こんにちは、ヒデ(@hideto1939)です。

 

「Laravelを始めたいんだけど、何から始めたらいいか分からない。。」

「Laravelを学べるおすすめの教材とかありますか?」

今回はこういった悩みに答えます。

 

おすすめの教材から学習方法まで、「脱初心者」への道筋を示します。

 

 

なるべく分かりやすく簡潔に書くので、参考にして頂けると嬉しいです。

 

 

 

では、始めます!

 

スポンサーリンク

脱初心者を目指す!Laravelの勉強法【最初の一歩】

 

まずはザックリとした学習の手順を示します。

以下の単純な手順です。

  1. Laravelの基礎を押さえる
  2. 実践する(オリジナルサービスを作る)

 

ヒデ
ヒデ

それぞれ解説していきます!

 

Laravelの基礎をおさえる

まずは基礎を押さえることからです。最初に一つ教材を決めて、ザッと取り組んでみましょう。

 

今現在、様々なLaravelの教材があります。どれもそんなに差はないのですが、僕のおすすめは以下の本です。

 

以下理由。

  • 多くの人がおすすめしている
  • 完全初心者向けの教材
  • 環境構築等、最初の最初から丁寧に
  • 主要な項目が網羅されているため、全体像を掴みやすい
  • 分からないことがあるときの辞書代わりに使える

 

多くの人がおすすめしている教材ですし、僕も実際に使ってとても良いと思ったので、間違いないと思います。

 

まずは「全体像」をつかめばOK

全ての項目を完璧に理解する必要はありません。

Laravelの全体像をざっくりとつかめばOKです。

 

最初からザッと目を通して、サンプルコードを動かしてみて、「開発の流れ」を理解するようにしましょう。

 

Laravelを学べるその他の教材

今回紹介した本以外にもおすすめの教材はたくさんあります。代表的な物を3つ挙げておきますね。

 

Udemyとドットインストールは、それぞれのサービス内の検索窓で「Laravel」と検索すればLaravelの講座が出てきます。

 

最後のYouTube動画は、英語ですが、Laravelの全体像が分かりやすくまとまっており、おすすめです。

 

実践する(オリジナルサービスを作る)

基礎を押さえたらさっそく「実践」です。自分で考えたサービスを作ってみましょう。

 

ここでのサービスは、なんでもOKです。

 

完璧なものを作ろうとする必要は一切ありません。

なぜなら、目的はあくまで「Laravelに習熟すること」だからです。

世界を驚かすようなサービスを作ろうとする必要はありません。

 

 

僕も実際にサービスを作っています。

とても簡単なアプリですが、試行錯誤しながら作る過程で、大きく成長できました。

初めてLaravelを使ってWebサービスの開発をしてみました【体験談】
Laravelを使ってWebサービスの開発をしてみたので、体験談をシェアします。開発の際の参考にしていただけると嬉しいです。

 

どんなに稚拙でも良いので、「サンプルコードの丸写し」ではなく、「自分の頭で考えた」コードを書くようにしましょう。

 

教材を何周もする必要はない

教材を「一周」すればこの「実践」の段階に移ってOKです。

 

2周も3周もする必要は一切ありません。というか、時間の無駄なのでしないで下さい。

 

なぜなら、教材を何周しても「自分でコードを書ける」ようにはならないからです。

 

例えば、ピアノでいうと、教材を何周もする行為は、「ピアノの練習法の本」を何周もするようなものです。

いくら「ピアノの勉強方法」に詳しくなっても、実際に練習をしない限り、一生ピアノを弾けるようにはなりませんよね。

 

プログラミングも同じです。ザックリと全体像をつかんだら、すぐに「実践」に移るようにしましょう。

 

 

以下に「プログラミングの学習方法」についてより詳しくまとめた記事を貼っておきます。

参考にして頂けると嬉しいです。

プログラミング勉強法の結論。私の方法。【6つの手順】
ぼく自身の「プログラミング勉強法の結論」をまとめてみました。参考にしていただけると嬉しいです。

 

Laravelを学ぶ上で最低限知っておくべきこと

 

Laravelを学ぶ上で最低限知っておいたほうが良いことを紹介します。

本当に基礎の基礎です。

 

Laravelドキュメント・情報収集

Laravelの勉強や情報収集におすすめのツールを貼っておきます。参考にしていただけると嬉しいです。

 

他にもLaravelの情報収集におすすめのツールをまとめてくれているサイトを見つけたので、貼っておきます。

独学で始める!初心者におすすめのLaravel学習サイト12選
初心者向けにPHPのフレームワークであるLaravelの学習サイトをまとめています。独学でも進められる学習サイトで、動画やテキストなど様々な学習スタイルに対応しています。海外のサイトも載せているので、英語も一緒に習得できるでしょう。

 

Laravel:押さえておくべき基礎知識・概念

Laravelの技術的な話を少し。

 

最初から全ての概念を理解する必要はありません。

まず押さえるべきなのはMVCアーキテクチャルーティングです。

 

それぞれザックリと説明するとこんな感じ。

 

MVCアーキテクチャ

「Model」「View」「Controller」

簡単に言うと、Webフレームワーク内の仕組みのこと。

 

「Model」「View」「Controller」のそれぞれが相互作用することで、Webサービスが機能する。

Modelが主にデータ関連、Viewが画面表示、Controllerが全体の指揮を担当するイメージ。

 

ルーティング

アドレスと、処理やWebページを結びつけるイメージ。

 

 

 

とりあえずこの二つを身に付けておけば、簡単なWebサービスは作れるようになります。

 

 

次に学ぶべきなのは「データベース関連」の知識です。

マイグレーションを用いたテーブルの作成方法とかですね。

 

これを押さえたら、データベースを用いたサービスの開発ができるようになります。

 

ヒデ
ヒデ

できることの幅が広がります!

 

この本に載っていることは、本当に基礎的な内容なので、最終的には全ての概念を理解する必要はあります。

 

しかし、「完全初心者が簡単なWebサービスを作る」という視点に立ったとき、必ずしも全てのページが重要であるわけではありません。

 

例えば、「バリデーション」とかその辺は触れなくてもOKです。

まずは、簡単なサービスを自分一人で作れるようになることが大切です。

 

その他の知識は基礎を押さえた後に少しずつ学んでいきましょう。

 

なるべく「基礎学習」から「実践」へのスパンを短くした方がいい

 

プログラミング初学者が犯しがちなミスがあります。

それは、「基礎ばかりしてしまう」ことです。

 

以下の勝又さんの動画では「わかってから始めたい病」という言葉で解説されています。

プログラミング初学者の「わかってから始めたい病」の危険性

 

これは、本当にやめたほうがいいです。

 

なぜなら、いくら基礎を学んでも、プログラミングができるようにはならないからです。

 

例えば、スポーツもそうです。サッカーにめちゃくちゃ詳しいことと、サッカーが上手いことは関係ありません。

 

コードを書けるようになるには、「知識」ばかり学んでいてはダメなのです。「手を動かす」必要があります。

 

ですから、初心者の人は、なるべく「基礎から実践のスパン」を短くして「自分の頭で考えてコードを書く時間」を長く確保するようにしましょう。

それが爆速で成長するための最善の方法だと思います。

 

おわりに:Laravelは楽しいです!

 

Laravelを学ぶと、自分一人で簡単にWebサービスを作れるようになるので、とても楽しいと思います。

最初はしんどいですが、頑張って乗り越えましょう!

 

今回は以上です。

少しでもあなたのLaravel学習の参考になっていたら嬉しいです。

 

ヒデ
ヒデ

僕もプログラミングを頑張ります!

 

 

では!m(_ _)m

 

こちらの記事もおすすめです!

【エンジニア向け】テクノロジーの情報収集におすすめのツール【随時更新】
テクノロジーの情報収集におすすめのツールを紹介します。私がエンジニアということもあり、基本的にはエンジニア向けです。
「プログラミングの面白さ」を新卒でエンジニアになる学生が語る【3つある】
新卒でエンジニアになる学生が「プログラミングの面白さ」を語ります。みなさんがプログラミングに興味を持つきっかけになれば嬉しいです。
Skill Hacksをプログラミング初心者におすすめしたい5つの理由
僕おすすめのプログラミング教材である、「Skill Hacks」についてまとめました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました