【後悔の無い人生】自分の可能性を狭めるのは、「恐怖」と「自信の無さ」

ヒデの主張

こんにちは、ヒデ(@hideto1939)です。

後悔のない人生を歩みたい

誰もが胸に抱いている願いだと思います。

 

一度切りの人生、どうせなら、やりたいことをすべてやって、後悔なく死んでいきたいですよね。

 

では、どうすれば「後悔の無い人生」を歩めるのでしょうか?

 

 

ぼくは「自分の可能性を狭めない」ことが大事だと思っています。

 

そこで今回は、「自分の可能性を狭めないために意識すべきこと」というテーマでお話していきます。

 

サクッと数分で読めるので、少しばかりお付き合いいただければ幸いです。

 

 

では、始めます!

 

スポンサーリンク

自分の可能性を狭めるのは「恐怖」と「自信の無さ」

 

人間は、どういうときに「後悔」するのでしょうか?

 

ぼくは行動できなかったときだと思っています。

 

例えばこんな感じ

  • あのとき、勉強しておけばよかった
  • あのとき、あの人に告白しておけばよかった
  • あのとき、あの人に会っておけばよかった

 

ほとんどの後悔が、行動できなかったことから生じていると分かります。

 

 

では、なぜ「行動」できないのでしょうか?

 

ぼくは二つの要因があると思っています。「恐怖」「自信の無さ」です。

 

つまり

「怖い」「自信がない」→行動できない→後悔する

といったロジックです。

 

 

後悔する原因は分かりましたね。では、どうすればこれらの原因を克服できるのでしょうか?

 

「恐怖」と「自信の無さ」を克服する方法

 

それぞれ解説していきます。

 

恐怖を克服する方法

恐怖を克服する方法はただ一つ。それは、知ることです。

 

なぜなら、人間が「恐怖」を感じる理由は、その対象について「知らない」からです。

 

例えば、初めて海外に行くときって誰でも少なからず「恐怖」を感じますよね。

それは、その国について「知らない」からなんです。

  • 治安が良いか分からない
  • 言葉が分からない
  • 文化が分からない

 

とにかく「知らない」ことだらけだから不安なのです。

 

だったら答えは単純ですよね。その国について「知れ」ばいいのです。本やネットでその国の言葉、文化、お金、治安などについて調べておく。これだけでもかなり「恐怖」や「不安」を減らすことができると思います。

 

これはなにも海外旅行に限りません。

 

挑戦したいことについてしっかりと「知る」ことで、恐怖心が減り「行動」につながるのです。

 

自信の無さを克服する方法

自信の無さを克服する方法も、基本的には一つだと思います。

 

それは、小さな成功体験を積み重ねることです。

 

どんなに小さなことでも構いません。何かに「成功」した体験を積み重ねることで、「自信」というのは徐々に醸成されてくるものだと思います。

 

例えば、「一度でも海外に行ったことがある人」は、その次からは特に躊躇することなく海外に行くことができます。

 

それは、一度海外を経験したことで、未知のものに対する「恐怖」が軽減されたことも関係しているとは思いますが、一度海外に行ったことで、「自信」を付けたからという面も大きいと思います。

 

 

このように、成功体験を積み重ねることで、自信が積み重なっていって、次の挑戦へのハードルをどんどん下げることができるのです。

 

恐怖と自信の無さを克服するだけではダメ【最後のピース】

 

とはいえ、「恐怖」と「自信の無さ」を無くすだけでは不十分です。未知のものに挑戦するためには、もう一つだけ重要なピース(要素)があります。

 

それは、「少しの勇気」を持つことです。

 

なぜなら、結局のところどんなに挑戦の対象について調べて、「恐怖」を減らして、成功体験を積み重ねて「自信」を得ても、最終的には本人に「勇気」が無ければ行動に移すことはできないからです。

 

では、どうすれば「勇気」を持つことができるのでしょうか?

僕は以下の二つが有効だと思っています。

  • みんな「怖い」ということを知る
  • 楽観的になる

 

みんな「怖い」ということを知る

新しいことに挑戦することが、怖くない人なんかいません。

 

みんな、知らない場所(海外など)に行くのは怖いし、知らない人に会うのは緊張するし、新たなことに挑戦するのは怖いのです。

 

そんな中で、勇気を出して「挑戦」したものだけが成長できるし、成功できるのです。

 

 

このことを意識すれば、少しは行動する勇気が湧いてくるのではないでしょうか?

 

楽観的になる

二つ目は、とにかく「楽観的」になる。つまり、「深く考えない」ということですね。

 

基本的に、考えたところで未来が変わることは無いので、だったら考えない方が良いよねという話です。

 

 

「これをやったところで、死ぬことはない」くらいに楽観的に考えるのも、ときには重要だと思います。

 

おわりに(まとめ)

 

最後に今回の内容を振り返っておきます。

 

つまりはこういうことです。

「恐怖」と「自信の無さ」を克服する→ほんの少しの「勇気」を出す→行動につながる→後悔の無い人生につながる

 

長期的な目で考えたとき、人間というのは、挑戦して失敗したことに対しては後悔しません。本当に後悔するのは「挑戦しようと思っていたけど行動できなかったとき」なのです。

 

これは、僕の短い人生経験から考えても間違いないことだと思います。

 

 

あなたが、今回の記事を少しでも参考にして少しでも後悔の無い人生を歩んでいってくれたら、それ以上の喜びはありません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

では!m(_ _)m

こちらの記事もおすすめです!!

「マイノリティを受け入れよう!」に違和感を感じる【オピニオン記事】
最近、「マイノリティ」について考える機会があったので、自分なりの考え、立場をまとめてみました。
【書評】「あした死ぬかもよ?」を読んだ感想【一家に一冊は必須】
「あした死ぬかもよ?」を読んだ感想です。個人的には一家に一冊は必須の本だと思います。自分の人生と向き合いましょう。
プログラミングなんて、自分にはできないと思っていた【常識と思い込みの怖さ】
僕のプログラミング学習の経験もとに、「常識」と「思い込み」の怖さについて考えてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました