Git・GitHubの勉強におすすめの教材3選+α【初心者向け】

Git・GitHubの勉強におすすめの教材3選+α【初心者向け】プログラミング

こんにちは、ヒデ(@hideto1939)です。

この記事を読んでいるあなたは

Gitってよく分からん。。オススメの教材とか勉強法が知りたい。。

と思っているのではないでしょうか?

 

分かります。僕もプログラミングを始めたばかりの頃は、そのように思っていました。

 

Gitの存在は知っていても、何から手を付けていいかが分からず、苦手意識だけが募っていってしまっていたのです。

 

しかし、今回紹介する教材と出会ってからは、Gitに対する「恐怖」を払拭することができました。

今では、基礎概念やコマンド等は理解し、「後は実践を積むだけ」のフェーズに来ることができています。

 

GitやGitHubに関する知識は、プログラミングで開発(特にチーム開発)をする上では必須です。

変に苦手意識を持つ前に、サクッと習得しておきましょう。

 

 

ではさっそく始めます!

 

スポンサーリンク

Gitとは何か【GitHubとは違います】

Gitとは何か【GitHubとは違います】

 

Gitとは、一言でいうと、ファイルのバージョンを管理するためのツールです。

 

プログラミング言語を使って、複数人で作業をしていると、どうしても、いつ・誰が・何を変更したかが、あやふやになってしまいます。

これでは、正確な目標物(サービス)を作ることはできません。

 

そこで、いつ・誰が・何を変更したのかを、しっかりと記録して、コードを管理するために使うのがGitです。

ヒデ
ヒデ

「プログラミングによる作業を助ける便利グッズ」みたいなイメージですね。

 

また、よく、GitHubという言葉も聞くと思います。これは、Gitとは違うツールです。

GitHubは、別名リモートリポジトリとも言い、要は、Gitで管理していたファイル・コードを、リモート、つまりオンライン上で預かってくれるサービスです。

 

これにより、複数人での共同開発や、全く違う国の人との開発も可能となります。

同じようなサービスは他にもあり、Bitbucketなどは有名です。

 

ヒデ
ヒデ

「Git→プログラミングによる作業の履歴管理をしてくれる」イメージで最初はOKです。

 

Gitの勉強におすすめの教材3選+α【挫折しない】

Gitの勉強におすすめの教材3選+α【挫折しない】

 

では早速、Gitの勉強におすすめのツールを紹介します。

様々な教材を触ってきた中でも、特におすすめの3つの教材です。

 

これだけやれば、確実に基礎はキャッチアップできると思います。

 

「何から手を付けていいか分からない。。」という人は、まずこの3つの教材に取り組んでみましょう。

 

Progate

有名な初心者向けのプログラミング教材です。

本当に基礎の基礎の部分だけですが、分かりやすいスライドと練習で、Gitのイメージをつかむことができます。

 

今まで一度もGitに触れたことのないような、完全初心者におすすめです。

 

ヒデ
ヒデ

逆に、Gitの基礎を理解している人にとっては、物足りないと思います。

 

Progateはこちら!

ドットインストール

Progateと同様、プログラミング初心者におすすめの教材です。

こちらは、Progateとは違い、「動画」を使ってプログラミングを学ぶことができます。

 

また、内容的にはProgateよりも少し発展的なので、Progateに取り組んだ後に、こちらの教材に取りかかることをおすすめします。

 

ドットインストールはこちら!

Udemy

今回紹介している3つの教材の中で一番のおすすめです。

 

本当にGit基礎の基礎のところから、共同開発の流れなどの発展的なところまで、一つの講座の中で学ぶことができます。

ドットインストールと同様、動画による解説なので、初心者でもイメージを掴みやすいでしょう。

 

はっきり言って、上記の二つに取り組まなくても、これだけ取り組めば、十分実践レベルの力は養えると思います。

それほどまでにおすすめの教材です。

 

定価は10800円ですが、Udemyでは頻繁にセールを行っていて、1000円程度で買える場合も多いので、その機会を狙って購入することをおすすめします。

 

Udemyはこちら!

その他、Gitの理解に役立つ教材【たくさんあります】

正直、上記の3つを取り組めば、それ以上「基礎学習」に取り組む必要はないと思います。

実務経験等の「実践」のフェーズに移る方がいいです。

 

とはいえ、実践を積みつつ別の教材に取り組むことで、より理解を深められる場合もあると思うので、もう少し、おすすめの教材を追加で紹介します。

 

どれも僕が実際に見て分かりやすいと思った資料です。

参考にして頂けると嬉しいです。m(_ _)m

 

 

ヒデ
ヒデ

Gitの資料なんてものは、ググれば無限に出てきます。笑

 

これだけ!Gitの勉強法【基礎→実践】

これだけ!Gitの勉強法【基礎→実践】

 

単純ですが、以下の手順で取り組めば、十分力を伸ばせると思います。

最初に紹介した3つの教材で基礎を学ぶ→実務経験(自分で手を動かす)

 

3つもやりたくない人は、Udemyだけでも大丈夫だとは思います。

この手順でやれば、Gitを習得することは難しくはないでしょう。

 

後はやるだけです!

 

けっきょく現場で経験を積むのが一番良いと思う【手を動かす】

けっきょく現場で経験を積むのが一番良いと思う【手を動かす】

 

プログラミングもGitも、習得の考え方は基本的に同じです。

サクッと基礎を学んだ後は、「実践」を積む、つまり「自分の頭で考えて自分の手で操作してみる」のが一番です。

 

ずーーっと基礎学習に取り組んでいても、力はつきません。

勇気を出して「実践」に移りましょう。

関連記事:プログラミング勉強法の結論。私の方法。【6つの手順】

 

今回は以上です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

少しでもあなたのGitへの苦手意識を減らすためのお手伝いができていたら嬉しいです。

 

 

では!m(_ _)m

 

こちらの記事もおすすめです!!

【厳選】プログラミング初心者におすすめの教材7選【本は不要です】
プログラミングを始めたばかりの初心者にオススメの教材を厳選して紹介します。参考にして頂けると嬉しいです。
「プログラミングの面白さ」を新卒でエンジニアになる学生が語る【3つある】
新卒でエンジニアになる学生が「プログラミングの面白さ」を語ります。みなさんがプログラミングに興味を持つきっかけになれば嬉しいです。
Skill Hacksをプログラミング初心者におすすめしたい5つの理由
僕おすすめのプログラミング教材である、「Skill Hacks」についてまとめました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました