物事を多角的に見る方法を解説!【FOOT×BRAINを見て考えた】

ヒデの主張

こんにちは、ヒデ(@hideto1939)です。

僕は、ほとんどバラエティ番組は観ません。しかし、ほんの数本だけ、毎週録画して見ている番組があります。

 

その中の一つが、FOOT×BRAINです。

 

そこで今回は、「FOOT×BRAIN」を見てぼく自身が考えたことを書きたいと思います。

キーワードは、「物事を多角的に見る」です。

 

 

では始めます!

 

スポンサーリンク

「FOOT×BRAIN」とは【サッカー×〇〇】

 

簡単に、FOOT×BRAINとはどんな番組なのかを説明したいと思います。

Wikipediaより引用させていただきました。m(__)m

各界で活躍する著名人をゲストに迎え、「日本サッカーが世界で通用するために」をテーマとしたトークを展開する。議論テーマは単に戦術・技術面の強化策にとどまらず、他のスポーツ(ラグビー、将棋など)や、学術、経済、文化など、サッカー以外の様々な分野からもコラボレーションし、それぞれの分野で世界に通用する人材・選手を育成してきた様々なノウハウを生かして、日本サッカーのさらなる飛躍につなげていくというテーマが掲げられている。

出典:Wikipedia

 

要は「サッカーを別の分野の視点から眺めてみて、そこから得られた知見や考えを、日本サッカーのさらなる飛躍につなげていこう」ということです。

 

サッカーの試合の情報や結果、プレーや戦術の解説をメインに行っているサッカー番組が多い中、「サッカー以外の視点からサッカーを眺める番組」はかなり特異な存在なのかなと思います。

 

『FOOT×BRAIN』を見て考えたこと【物事を多角的な視点で見ることのメリット】

 

僕がFOOT×BRAINを見て考えたこと、それは物事を多角的に見ることの大切さと面白さ」です。

 

サッカーの「プレー」や「戦術」の面から、日本サッカーの未来を考える番組は他にたくさんあります。

 

しかし、この番組は、敢えてそこにはほとんど踏み込まず「異なる視点から日本サッカーの未来を考える」というコンセプトで作られています。

 

いったいなぜでしょうか?

 

もちろん、「他番組との差別化を図る」という面もあるのでしょうが、事を多角的に見ることの面白さや大切さを伝えたい」からではないでしょうか?

 

では具体的に物事を多角的に見ることができたらどんなメリットがあるのでしょうか?

 

僕は、主に以下のようなものがあるのではないかなと思っています。

  • アイデアが浮かびやすくなる
  • 騙されなくなる
  • 自分のことも分かるようになる

 

それぞれ説明していきます。

 

アイデアが浮かびやすくなる

なぜ物事を多角的に見ることができたらアイデアが浮かびやすくなるのか?

それは、そもそも「アイデアを考える」という作業自体が「物事を違う角度から見る作業」だからです。

 

例えばあなたは「ドラえもんにニックネームをつけて」と言われたらどのように考えるでしょうか?

 

おそらくドラえもんの色や、性格、能力、見た目など、様々な要素から考えるのではないでしょうか?

これはつまり、物事を多角的に見ているということです。

 

アイデアを考える=物事を違う角度から見るなのです。

 

このことは物事を多角的に捉える能力が高ければ高いほどアイデアを思いつくための材料が増える、つまりアイデアが思いつきやすくなることを示しています。

 

騙されなくなる【良い面と悪い面を捉えられるようになる】

日常に即した面から考えると、物事を多角的に眺めることができると、騙されにくくなると思います。

 

よく、セールスに騙される人がいますよね。

あれは、物事を多角的に捉えられなかったことから起こる悲劇です。

 

つまり、商品の「良い部分」だけを見てしまって「悪い部分」があることを考えようとしないんですね。

 

これではセールスの格好の餌食になってしまいます。

このような被害を防ぐ上でも、「物事を多角的に眺める能力」は非常に大切です。

 

自分のことも分かるようになる

物事を多角的に眺めることができるようになったら、当たり前ですが、「自分」のことも多角的に眺めることができるようになります。

 

自分の良い部分や悪い部分を冷静に判断して、最適な判断を取ることができるようになります。

 

例えば就活などでも自分自身を冷静に分析することが出来るので、入社後に「この職種向いてなかった。。」などと思うことが少なくなるのではないかなと思います。

 

このように人生をより豊かにする上でも、「物事を多角的に眺める」のは重要です。

 

物事を多角的に見る方法【学ぼう】

 

では物事を多角的に見るために、私たちはどんなことをすれば良いのでしょうか?

 

もちろん様々な方法があるとは思いますが、僕は主には以下の3つが重要なのではないかなと思います。

  • 新しいことを学ぶ【読書推奨】
  • 何事にも興味を持つ【好奇心が大事】
  • 常識を捨てる

 

ヒデト
ヒデト

それぞれ説明します!

 

新しいことを学ぶ【読書推奨】

当たり前と言えば当たり前ですが、物事を多面的に見るためには「新しいことを学ぶ」必要があります。

 

例えば、TVのCMを見たときに、普通の人は「このCM面白いな」で終わってしまいますが、マーケティングを学んでいる人なら、「どんなマーケティングの手法が使われているのだろう?」と考えることができますし、コピーライティングを学んでいる人なら、「このコピーはいいな」などと考えることができます。

 

つまり知っている分野が多ければ多いほど「考える材料」が増え、それが結果的に「物事を多角的に見る」ことにつながるのです。

 

ですから、物事を多面的に見るためには、「学ぶこと」が重要というか「前提」です。読書などをして、積極的に様々なことを学んでいきましょう。

 

こちらに本を速く読む方法をまとめておいたので、ぜひご覧ください。

関連記事:速く、多くの本を読む方法【一つの結論と5つの小技】

 

何事にも興味を持つ【好奇心が大事】

様々なことに興味を持つのも重要です。

 

なぜなら、人は興味が無いことは見えないからです。

 

例えば以下の僕のツイートを見て下さい。

様々なことに興味を持つことが、新たな分野を「学ぶ」ことにつながり物事を多角的に見ることにつながります。

 

様々なことに興味を持つようにしましょう。

 

常識を捨てる

物事を多角的に見るためには、「常識を捨てる」のも重要です。

 

常識とは厄介なもので、「常識」が脳内を占領しているとその常識しか見えなくなります。

 

つまり、一次元的なものの見方しかできなくなるということです。

関連記事:『常識』と『思い込み』の怖さ

 

ではどうすれば「常識」から逃れることができるのか。

 

もちろん様々な方法があるとは思いますが、一つの方法として多様な価値観に触れるのがあるとは思います。

 

つまり自分が信じていた「常識」が崩壊する瞬間を経験するのです。

 

具体的には「海外に行く」とかは、かなり有効な方法なのではないかなと思います。

 

おわりに【「学び」はそこら中にある】

 

僕はFOOT×BRAINから、物事を多角的に眺めることの大切さを学びました。

 

これからも物事を多角的に見るための努力を重ねていきたいと思います。

 

また、ぼくが今回FOOT×BRAINから「学び」を得たように、日常に「学び」は溢れています。勉強は机の上でしかできないと思い込むのではなく、様々なことから柔軟に学んでいく姿勢を持っていたいですね。

 

例えば、ぼくが韓国に行ったときに考えたことを、以下の記事に書きました。読んでいただけると嬉しいです。m(_ _)m」

関連記事:韓国の市場で感じた『マーケティング論』【体験からの学び】

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでもあなたに、新たな気付きを与えられていたら幸いです。

 

 

では!m(_ _)m

 

こちらの記事もおすすめです!!

お金が無い大学生は自己アフィリエイトでサクッと稼ごう!【楽に稼げる】
サクッとお金を稼ぎたい大学生にオススメの「自己アフィリエイト」について、その仕組みと、実際の稼ぎ方を解説しています。
Skill Hacksをプログラミング初心者におすすめしたい5つの理由
僕おすすめのプログラミング教材である、「Skill Hacks」についてまとめました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。
【必読】大学生が読むべき「お金」の本を目的別に4冊厳選!【初心者向け】
大学生が「お金」について勉強するときに最初に読みたい本を、目的別に4冊紹介しています。参考にしていただければ嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました