ライティングのおすすめ本【ブロガーにおすすめしたい3冊を厳選】

ライティング

こんにちは、ヒデ(@hideto1939)です。

「わかりやすい文章が書けない…」

「相手に伝わりやすい文章ってどんな文章なの?」

 

こんな感じで自分の文章力に対して悩みや疑問を抱えている人は多いと思います。

ぼくもその一人でした。

 

日常で長文を書く習慣がなかったので、ブログを書き始めたときどうやって書けばいいのかが全くわからなかったのです。

 

そのため、少しでも文章力を上げようと、様々な「文章の書き方」の本に手を出し読んできました。

 

そこで今回は、僕が特に役に立ったなと感じたライティングの本を3つみなさんに紹介したいと思います。

 

少しでもブログで分かりやすい文章を書きたい文章力を高めたいと思っている人の参考になれば幸いです。

 

 

では始めます!

 

スポンサーリンク

おすすめのライティング本3選【厳選】

 

僕がおすすめしたいライティングの本は以下の3冊です。

  • ブログの成功技術
  • 沈黙のWebライティング
  • 新しい文章力の教室

 

ヒデ
ヒデ

それぞれ説明していきます!

 

ブログの成功技術

一つ目は、「ブログの成功技術」という本です。

[amazonjs asin=”B06XF394FN” locale=”JP” title=”ブログの成功技術:ブログ記事の書き方究極のガイドブック ブログSEOの入門書:個人ブロガーが勝てる唯一の戦略”]

 

題名からも分かるように、この本は純粋なライティングの本ではありません。

ライティングのノウハウは本の後半部分を使って解説してくれていますが、基本的には、

どうやったら読まれるブログが書けるのかを、とにかく丁寧に解説している本です。

 

ここで、ライティングのことが後半部分にしか書かれていないのなら買わなくていいや

と思っている人がいたら、それは早計です。

 

ライティングで最も大切なことは、読者の視点に立つことです。

そしてこの本では、どうやったら読者を満足させられるブログが作れるかをこれでもかというぐらい分かりやすく解説してくれています。

 

このノウハウは、必ずや「文章力を上げたい」と願っている人の参考になるはずです。

 

分かりやすい文章を書きたいと思っている人、特にこれからブログを書いていきたいと思っている人にはぜひとも読んでいただきたい一冊です。

 

ヒデ
ヒデ

おすすめです!

 

沈黙のWebライティング>

二つ目は、「沈黙のWebライティング」という本です。

 

この本も純粋なライティング本ではありません。

SEO(検索エンジン最適化: 自分のWebサイトが、検索結果の上位に来るように工夫すること)のためのライティングの本です。

 

では、純粋なライティングでは役に立たないのでしょうか。

 

そんなことはありません。

検索結果で上位表示されるということは、それだけユーザー目線に立った分かりやすい文章が書けているということです。

この方法論はWeb上だけでなく、さまざまな文章を書く場面で応用できます

 

さらにこの本、632ページということで

ページ数多いなー、読むのだるいな。」と思っている人もいるかもしれませんが、実際はほとんどのページが物語風(漫画風)に書かれているので、ふだん本はあまり読まないという人もスラスラ読めると思います。

 

読書嫌いの人にもぜひとも読んでいただきたい一冊です。

 

新しい文章力の教室

3つ目は『新しい文章力の教室』という本です。

 

他の二つの本と違い、この本は純粋にライティングに特化して書かれています。

ナタリー(ニュースサイト)の文章に関するノウハウが、これでもかと詰め込まれた本です。

 

この本をしっかりと読みこめば、ユーザー目線に立った、分かりやすい文章が書けるようになること間違いなしです。

 

文章を書こうと思っているすべての人に、自信を持っておおすすめできる一冊です。

 

※追記:最近読んだ本の中では、以下の本はかなりライティングのノウハウがまとまっていて分かりやすかったので、シェアしておきます!

 

3つのライティング本に共通していること

 

ぼくがおすすめしたいライティングの本を3つ紹介してきました。

もちろん、それぞれで主張が違う部分も同じ部分もありますが、その中でも3つの本に共通していると僕が感じていることについてお話していきたいと思います。

 

これら3つの本に書かれている、「わかりやすい文章を書くために大切なこと」は、

  • 漢字とひらがなの比率に注意する
  • 修飾語は、修飾しようとしている言葉の直前に書く
  • 同じ言葉を繰り返さない

 

など、細かいものを挙げればキリがありません。

 

しかし、それらの根底にあるのはただ一つです。

それは読者の気持ちを考えること。

 

あなたは、こんな経験はありませんか?

「勢いよく読み始めたはいいけど、字が小さすぎて読みにくいし、難しい言葉も多くて理解できないから途中で読むのをやめてしまった」

 

これなんかは、読者のことを考えず自分の見栄や欲(難しい言葉を知っていてかっこいいと思われたいなど)のために文章を書いてしまったがために起こってしまった悲劇です。

 

読者のことを第一で考えていれば、難しい言葉や漢字も使う気持ちにはならないと思います。

 

 

ここまで読んでくださっているあなたは、文章力を向上させたいと強く願っている方だと思います。

きっとこれから、ぼくが今回紹介した本ではなくても様々な本を使ってライティングの勉強をしていくことでしょう。

 

そのときに、なんとなく文章のノウハウを勉強するのではなく、常に読者のことを考えた文章を書く」ことを意識しながら勉強してみて下さい。

 

きっと定着具合が大きく変わってくるはずです。

 

最後にもう一度繰り返します。

分かりやすい文章を書くために最も大切なことは、読者の気持ちを常に考えることです。

 

ぜひこのことを意識しながら、ライティングの勉強そしてライティングに励んでみて下さい。

 

 

とまあ、なんだか偉そうなことを言っていますが、ぼく自身も読者にとって分かりやすい文章をかけている自信は全然ありません。

 

ただ、少しでも分かりやすい文章を書けるように日々試行錯誤と努力を重ねています。

 

ヒデ
ヒデ

あなたもぼくと一緒に頑張りましょう!

 

 

この記事が、これからライティングを学ぼうとしている人にとって、少しでも参考になっていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

では!m(_ _)m

 

こちらの記事もおすすめです!!

【結論】ライティングを勉強する方法はこれしかありません【2ステップ】
ライティングを勉強する方法について、自分の経験を交えつつ解説しました。ライティングスキルをつけていきたい方はぜひ!
Skill Hacksをプログラミング初心者におすすめしたい5つの理由
僕おすすめのプログラミング教材である、「Skill Hacks」についてまとめました。購入の際の参考にしていただければ幸いです。
大学生が今すぐブログを始めるべき7つの理由【やらない理由がない】
大学生が今すぐブログを始めるべき7つの理由についてまとめてみました。これからブログを始めるか悩んでいる人は参考にしていただければなと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました